消費者金融の在籍確認の内容とは?会社への電話連絡審査

消費者金融の在籍確認の内容とは?

 
消費者金融の借り入れ審査で行われる在籍確認の内容とは?
キャッシングやカードローンの申し込みをすると必ず、勤務先への在籍確認の審査が行われます。
電話でするか、最近は書類だけで完了させるか選べるようになりましたが、基本的には電話連絡による在籍確認になっています。
この在籍確認の電話の内容はどんなものなのか?

実際に申し込みをして検証しました!
ざっと内容を書き出してみました。

 


消費者金融ということは名乗らずに担当者の個人名で電話してくる。
会社への電話の時間帯は時間指定できる。
電話の内容は住所や生年月日などの確認だけで、実際は中身の無い会話で、ものの2〜3分で終了。
電話に出ることに意味があるので会話は重要ではない。
自分が電話に出れなくても同僚が自分は席をはずしてると言ってくれるだけで在籍が確認され審査は通過となる。

 

こんな感じの簡単な流れになるので、会社の同僚の在籍確認の言い訳としては、銀行カードローンや車のローン、クレジットカードの審査などといえば、消費者金融とは一切バレませんので安心です。
どうしても電話以外の方法で在籍確認をしたい場合は、勤め先がわかる書類を用意し、追加で送信すれば消費者金融からの電話連絡なしでキャッシングやカードローンができます。

実は内容も時間もあっけないほどに簡単に終了してしまうのが在籍確認の電話ですが、それでもやはり自分の職場に消費者金融から電話がかかってくるのは不安なものですよね。

無理のない形で利用できますのでご安心ください。